人事は把握したい人材採用のポイント

会社で優秀な人材採用を行いたいと思う人事では、知っておきたいポイントがいくつかあります。まず求めるべき人材像とはどのようなものかを定めることが必要です。新卒者か中途採用か、給与水準をどの程度に設定するのかによっても求める人材は異なります。まず新卒者を雇うのであれば、将来性を評価します。将来性とはどのようなものかを知っておかなければ、その判断はできません。潜在能力とも呼ばれますが、実際は学習能力とも言えます。けれどもそれに加えて、向上心を持っていることも大事です。その結果、会社をどのようにして良くしようかと尽してくれる人材を確保することができます。単に優秀な人材であれば、自分の都合のみで動くこともあります。そこで会社の経営理念に同じ価値観を持つ人材も必要となります。

経営理念を提示することが必要な理由

人材採用の際に大切なことは、会社の経営理念に賛同してくれる人を採用するということです。会社の抱える価値観に理解を示すことがなければ、本当の意味で利益をもたらすことができません。例えば顧客の利益を第一に考える会社に売り上げだけを考える人材が入ると、時に無理に売りつけるようなことにもなりかねません。その結果、顧客に不快感を与えることになってしまいます。けれども社会に必要とされる会社を目指せば、自然と売上も確保されることにつながります。そのような価値観を持った人材を探すことが必要です。単に優秀であることを求めるのではなく、会社が求めることをそのまま実践してくれるような人を採用するというわけです。その条件を満たすのであれば、たとえ社会経験が不足している新卒者でも役立ってくれることになります。

必要とする人材を見極める方法とは

人材採用に不可欠なものは面接です。最終的には、ここで応募者の人柄や能力などを見極めて、会社に必要な人材かどうかを判断することになります。そこでまずは、その応募者自身の価値観を聞き出すことが必要です。仕事を行う上で大切だと思うことは何か、会社選びで重視していることはどんなことかを聞く必要があります。またこれまでの経験からどんなことを学んできたのかも聞くことが大事です。そのような質問から、どんな価値観を持っているのかを推測し、会社の価値観を照らし合わせることになります。最も価値観が一致する人を選べば、会社の業績の向上に貢献することが期待できます。それが新卒者か中途採用者かは特に問題ではありません。即戦力を必要とする場合にも、長期的視点に立って人材探しをすることが大切です。