大切な人材採用のポイントについて

人事ではいかに人材採用を行うべきか苦労するところも多くあります。採用する人数が多くなれば、その選考の進捗管理も簡単にはいきません。そのためにも支援システムを利用したり、コンサルタントを雇うことになります。けれどもその前に、基本的な人材に関する知識を得ておくことが大事です。まず人材とは、会社の業績を向上させることに貢献する人となります。即戦力として役立つ人もいますし、業務の仕組みを改善することに役立つ人もいます。求めるべき能力は多様となるので、まずはどんな人材を必要とするのかを定めることが大事です。それと同時に、そのような人材が魅力を感じる会社であることも求められます。会社の変革を望むのであれば、社員みながすでにその取り組みをしていることも重要です。

会社の魅力をどのように打ち出すのかも大事です

人材採用を第一に考える会社は多いものですが、実はその前に人材を受け入れる体制を整えることが大切です。優秀な人材が欲しいと思ってもなかなか集まらないと嘆く会社は多いものですが、その人材が魅力を感じなければ集めるのは難しいものです。では、どんな会社に魅力を感じるのかを知っておかなければなりません。多くの場合、給料の高さや福利厚生などを充実させれば良いと考えています。そしてそれが難しければ人材確保は難しいと諦めてしまうのです。けれども本当に重視すべきは、いかにやりがいを感じることができるかということになります。優秀な人材は給料や福利厚生には関心を持っていません。収入は能力を高めれば、自然に増えることを知っています。つまり能力を向上させることができる環境を求めているのです。

人材を見極めるための面談の方法

求人募集に対して応募者が集まれば、その中から選別する作業が必要になります。そこで面談によってそれぞれの能力などを判別することになります。そこでどのような判断を下すのかが難しいものです。大抵はこれまでの経験を語ってもらうことで、そのスキルを推測することになります。けれども本当に必要なことは、どのような学習能力を持っているのかということです。これからの仕事でどんな学びを得ることができるのか、そのための判断が必要となります。そこでこれまでにどんな失敗をしたのかを聞くことが大切です。それもできる限り大きな失敗と、それをどのように克服したのかを語ってもらうことです。その過程でどんな努力をしたのか、何を学んで現在役立っているのかを聞き出すことになります。